最大1500万円(補助率最大4/5)補助!東京都BCP実践促進助成金

東京都内に所在する中小企業・小規模企業者及び中小企業団体限定となりますが、BCP対策を真剣に考えている事業者の方に是非おすすめの助成金があります。それが「東京都BCP実践促進助成金」です。

コロナウイルスの勢いが日に日に増している状況下、従業員がいつどこで感染するかわかりません。もしも従業員が感染し、社内感染といった事態になったとしたら、その事業所は営業停止になる恐れがあります。そうならないためにも、感染リスクを想定したBCP対策は一刻も早くしなければなりません。そういったケースにも対応できる助成金なので、使わない手はありません。

では、この助成金がどのようなもので、どう活用できるか?簡単にご説明致します。

 

○BCP実践促進助成金とは?

BCP実践促進助成金は、都内の中小企業者等が公的機関の認定などを受けて策定したBCPを実践する場合に、必要な設備・物品の購入、設置に係る費用を対象に最大1500万円(助成率1/2~2/3以内)の助成が受けられる東京都(窓口:東京都中小企業振興公社)の助成金制度です。

 

○対象事業者

①平成29年度以降に公益財団法人東京都中小企業振興公社(以下:公社)総合支援課が実施する「BCP策定支援講座(ステージ1)」を受講し、受講内容を踏まえたBCP
②中小企業強靱化法に基づく「事業継続力強化計画」の認定を受け、その内容に基づいて作成したBCP
③平成28年度以前の東京都又は公社が実施したBCP策定支援事業等の活用により策定したBCP

 

○助成対象経費

策定されたBCPを実践するために必要な設備・物品の購入、設置に係る費用

①自家発電装置、蓄電池
②安否確認システム(クラウドサービスの利用を含む)
③データ管理用サーバー、データバックアップシステム(クラウドサービスの利用を含む)
④制震・免震ラック、飛散防止フィルム、転倒防止装置等
⑤従業員用の非常食(水・食料等)、簡易トイレ、毛布、浄水器等の備蓄品
⑥水害対策用物品設備(土嚢、止水板等)の購入、設置
⑦感染症を想定したもの(マスク、消毒液等)
⑧耐震診断

 

○助成率

中小企業者等:助成対象経費の1/2以内

小規模企業者:助成対象経費の2/3以内

※感染症対策を含むBCPを実践する場合・・・助成対象経費の4/5以内

 

○助成額

助成上限額:1500万円(下限額:10万円)

 

○申請方法

事前予約による対面受付
※申請の際は、お電話にて申請日時の事前予約が必要です。申請書類一式をご準備の上、令和3年1月28日(木)の期間内にお電話にてご予約ください。(平日 9:00~17:00)

【問合せ先】
東京都中小企業振興公社企画管理部 設備支援課
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎
TEL:03-3251-7889

 

以上になります。

 

解決ファクトリーでご紹介している以下の商品・サービスは、この助成金に当てはまります。

①自家発電装置、蓄電池

非常用大型発電機

移動式電源車 

EPSモバイルキューブ 

モバイルソーラー蓄電池

 

⑥水害対策用物品設備(土嚢、止水板等)の購入、設置

Boxwall

 

④制震・免震ラック、飛散防止フィルム、転倒防止装置等

ビニール&カラーパーテーション

 

期限が「令和3年1月28日(木)」なので、まだ時間があります。東京都内に所在しているのであれば、是非うまく活用ください。

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00