太陽光パネルで電源確保!電気代ゼロで監視できる省エネ防犯カメラ

工場の防犯対策として、まず最初に導するのは防犯カメラではないでしょうか?防犯カメラを設置することは、不審者が工場に侵入しようとしたときの抑止力になり、万が一何かあった時の証拠となるので多くの現場で採用されています。ですが、すべての工場が防犯カメラが設置しているのかというとそうではなく、これから導入しようと考えている企業もまだまだあります。

防犯カメラを導入しようと具体的に考えた時、まず悩むのがどれを選んだらよいか?という点。防犯カメラはたくさんの種類があり、どれがよいのか?どのタイプが最適なのか?といったところ意外と分かりづらい。屋内なのか?屋外なのか?など用途でも違ってくるので、選ぶのが結構一苦労。防犯カメラを導入するのは面倒なんです。もしも、性能やスペックがほとんど変わらない防犯カメラを1つに絞らなければならないとき、どこの基準で判断すればよいか?その基準の一つに「省エネ」というキーワードがあります。防犯カメラが省エネかどうか?で選ぶ方法です。

ソーラーLEDカメラ

省エネというキーワードで真っ先にイメージできるものといえば太陽光パネル(ソーラーパネル)。太陽光パネルがあれば、再生エネルギーで稼動ができ、且つ電気代も抑えれるので省エネとして最適な機能です。この太陽光パネルで稼動する防犯カメラとしておすすめなのがLEDソーラーライト防犯カメラ「アムスカム」です。太陽光パネルで蓄電しそれを電源とするので、電気の配線工事は必要ありません。一般的な防犯カメラの場合、この電気工事が大変であり、工賃と時間もかかりますが、「アムスカム」はそれがないのもメリットです。

防犯カメラとしての機能はもちろんのこと、省エネで環境にやさしく電気代もゼロに抑えられるという点は、導入を考えてる担当者にとって選びやすいポイントです。防犯カメラを選ぶ判断材料に活用ください。

太陽光パネルで稼動する電気代ゼロの省エネ防犯カメラ「アムスカム」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:00~18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。