食品工場にとって必要不可欠なHACCP対策!ご存知ですか?

安全性や社会性が求められる昨今、工場経営には色々な対策や対応が必要とされています。安全というカテゴリーの中に様々な用途がありますが、その中の一つに衛生管理というテーマがあります。このテーマに該当する工場の1つに食品工場がありますが、その対策で代表的なものが「HACCP」です。

■HACCPとは?

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。※厚生労働省HPより参照

HACCPは、各工程でチェック管理が実施され、それをクリアしないと次の工程に進まないシステムとなっております。従来の検査に比べより効果的に問題のある製品の出荷を未然に防ぐことが可能となり、原因追求が分かりやすくなるのもメリットです。

HACCPを導入することで、衛生管理を徹底することができ、食品工場の安全性を内外にアピールすることにもつながります。HACCPを導入していない食品工場は、衛生管理が行われていないというマイナス評価をされる可能性があり、そのことが今後の取引に大きく影響がでてしまう恐れがあります。

食品工場にとってHACCP対策は必然になりつつあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です