物陰や死角にいる作業員をキャッチ!360度全方向に反応する危険察知装置

フォークリフト作業中の危険とは

フォークリフトで作業していると、気付かないところに危険が常に生じています。

フォークリフトの運転手が作業に集中していると倉庫の物陰や死角から作業員がいきなり現れることがあり、あわや接触事故になりそうなケース(別名:ヒヤリハット)がどうしても発生してしまいます。

どんなに注意深く作業していたとしても、考え事や不注意といったちょっとした気の緩みによって交通事故になりかねません。この現象は、どの工場や倉庫でも当てはまることなので、大事故になる前に対策を講じなければなりません。

 

フォークリフトの接触事故を防止するには

物陰や死角による出会い頭の危険を回避するにはどのようにすれば良いか?

こういったケースを解決するには、危険を察知する装置「ヒヤリハンター」が最適です。

ヒヤリハンター

ヒヤリハンターとは

ICタグを使ったシステムでフォークリフトに装着した機械から電波を発生し、それを感知して危険を知らせる装置です。

電波を使って危険を検知するので、フォークリフトで作業をしている時に万が一気がつかなかった場合でも、音を鳴らして危険を教えてくれます。また、電波を活用していることで、フォークリフトの前方だけではなく、その周り360度全方向を検知できるので、危険をいち早くキャッチして事故を防ぐことが可能となります。

工場や倉庫でフォークリフトの運転手と作業員が安心して働く環境を整備するのに、ヒヤリハンターは多くのシーンで活躍できます。デモ機を使った説明も行っておりますので、是非一度ご検討下さい。

360度全方向に反応する危険察知装置「ヒヤリハンター」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00