この “手間”
面倒じゃありませんか…?

ドライバーを探す業務

次に順番待ちをしているドライバーが見つからない

入力&記入作業

呼び出しに必要なドライバーの個人情報の記入や入力に時間がかかる

問い合わせ対応

ドライバーからの問い合わせに都度対応しなくてはならない

「ワンタッチコール」なら
この手間すべて解決できます!

「ワンタッチコール」とは…
“順番待ちしているトラック”に
自分の番が来たことを
バイブレーション
通知できる
トラック受付・呼び出しシステム
です。

これを活用する事で、
受付のスタッフとドライバー、
双方の業務効率化が可能です。

ワンタッチコールの活用法

① 受信機を渡す
受付はドライバーに
受信機を渡すだけ
② 待機
ドライバーは受信機を
受け取ったら車の中で待つだけ
③ 呼び出し
「ワンタッチコール」の送信機の画像
準備ができたら
呼び出したい
ドライバーの
番号キーをプッシュ
④ 集荷
工場のトラックヤード業務効率化、感染・密防止対策用呼び出しベル「ワンタッチコール」の画像
ドライバーは受信機が鳴ったら
荷受け場へ

「ワンタッチコール」
4つのメリット

工場や倉庫にあるトラックヤードで積荷の順番待ちをしているドライバーを、その都度呼びに行く必要がなくなるので、受付業務の効率がアップ人件費の削減も見込めます。

ドライバーが待合室で待機する必要がなくなるので、“3密”の回避に。新型コロナウイルス対策としても有効です。

ドライバーの氏名や電話番号を書き留めたり、名前をマイクで呼ぶ必要がなくなるため受付の手間が省けプライバシーの保護にも役立ちます。

順番を自ら確認しにいく必要がないので、ドライバー側のストレスも軽減。結果的に、クレームの削減につながります。

類似製品との違いは…?
「ワンタッチコール」を
選ぶべきワケ

導入が簡単

無線でLAN工事をする必要がありません。また、特定小電力無線426MHz帯を使用しているため、電波が干渉しにくいです。

広範囲をカバー

受付と受信機を持つドライバーとの距離は、100m程度までカバー※。また中継機を使用することで、さらに広範囲までカバーすることも可能です。

※使用条件により異なります

呼び出しは
ボタンを押すだけ

呼び出したいトラックの番号キーを押すと、自動音声でその番号を読み上げてくれます。また、現在呼び出し中の受信機もひと目でわかります。

▼受信範囲の参考はコチラ▼

「ワンタッチコール」は
多くの企業様に導入されています

アスクル株式会社 キヤノン株式会社 大和ハウス工業株式会社 トヨタ自動車株式会社 
パナソニック株式会社 ダイキン工業株式会社 株式会社東芝 三菱電機株式会社 ほか

「ワンタッチコール」
製品概要

送信機

「ワンタッチコール」の送信機の画像
サイズ

W220×H93×D29mm

重量

230g

受信機

工場のトラックヤード業務効率化、感染・密防止対策用呼び出しベル「ワンタッチコール」の画像
サイズ

W43×H100×D18mm

重量

53g

中継機

「ワンタッチコール」の中継機の画像
サイズ

W220×H93×D29mm

重量

235g

充電スタンド

「ワンタッチコール」の充電器の画像
サイズ

W144×H60×D185mm

重量

595g

※日本製 ※受信機は抗菌仕様

「ワンタッチコール」の

ご相談・無料現地調査を
お待ちしております!

ご相談・お問い合わせ

『ワンタッチコール』
導入までの流れ

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

ヒアリング

現地のご状況を、まずはお電話にて伺わせていただきます。

全国、無料で対応いたします!
現地調査・デモ

製品が適切か、台数はいくつ必要か等、現地にて詳細を確認させていただきます。
また、実際にデモ機を持参して、説明させていただくことも含みます。

お見積もり

現地調査に基づき、詳細なお見積もりをご提出いたします。

受注

プラン内容・お見積もりに納得いただけましたら、正式受注となります。

納品・設置

受注が確定しましたら、ご希望の日程を相談し、納品・設置にお伺いします。

「ワンタッチコール」の

ご相談・無料現地調査を
お待ちしております!

ご相談・お問い合わせ

「ワンタッチコール」
NEWS

よくある質問

問

受信機はフル充電でどのくらい使用できますか?

A 1分間に1回呼び出ししたと想定した場合で、約15時間、継続して使用可能です。

問

受信機のバッテリー交換の目安はどのくらいでしょうか?

A 使用頻度にもよりますが、1年半~2年が交換の目安です。

問

受信機の充電時間はどのくらいですか?

A 約3~4時間でフル充電となります。

問

中継機を1台追加すると、どれくらいの距離までカバーできますか?

A 中継機を1台追加すると、見通しで約100mの延長が可能です。送信機→受信機が見通しで約100m使用できますので、中継機を1台追加することで約200mまでカバーが可能です。

お見積もり・お問い合わせ

気になること・疑問点等のご質問・ご相談もお気軽にお寄せください。

TEL 0120-00-4448

お見積もり・お問い合わせの前にプライバシーポリシーをお読みください。
(運営 株式会社アイポケット)