避難口の緊急対策、できていますか?
パニック状態を想定した対策が必要とされています

火災や災害の発生時には、人が一斉に逃げだしたり、右往左往するような混乱状態になります。

人はパニックになると、正常な判断や行動ができなくなることもあり、パニック時を想定した緊急避難対策が必要とされています。

避難口のチェックポイント

普段は使わない非常ドア。
避難時にすぐに開けられますか?

普段は出入りがない非常ドア。緊急時に人が殺到した状態で、スピーディに開けられるかチェックが必要です。

高齢者や障がい者でも
スムーズに避難できますか?

災害時に逃げ遅れが心配な高齢者や障がい者。緊急避難時は、誰でもスムーズに開閉できるドアが最適です。

セキュリティも兼ね備えた
避難ドアですか?

緊急避難時はスムーズな退避が必要な一方、不審者の侵入も心配。セキュリティも兼ね備えた出入口も緊急避難対策で重要なポイントです。

パニック時の対策をしていないと…、
多くの従業員の逃げ遅れにつながります。

避難経路の途中でパニック状態に陥り、ドアが開けられなくなると、
多くの人が逃げ遅れ、死亡者が出てしまう可能性もあります。

避難口の緊急対策、
できていますか?
パニック状態を想定した
対策が必要とされています

火災や災害の発生時には、人が一斉に逃げだしたり、右往左往するような混乱状態になります。

人はパニックになると、正常な判断や行動ができなくなることもあり、パニック時を想定した緊急避難対策が必要とされています。

避難口のチェックポイント

普段は使わない非常ドア。
避難時にすぐに開けられますか?

普段は出入りがない非常ドア。緊急時に人が殺到した状態で、スピーディに開けられるかチェックが必要です。

高齢者や障がい者でも
スムーズに避難できますか?

災害時に逃げ遅れが心配な高齢者や障がい者。緊急避難時は、誰でもスムーズに開閉できるドアが最適です。

セキュリティも兼ね備えた
避難ドアですか?

緊急避難時はスムーズな退避が必要な一方、不審者の侵入も心配。セキュリティも兼ね備えた出入口も緊急避難対策で重要なポイントです。

パニック時の対策を
していないと…、
多くの従業員の
逃げ遅れにつながります。

避難経路の途中でパニック状態に陥り、ドアが開けられなくなると、
多くの人が逃げ遅れ、死亡者が出てしまう可能性もあります。

パニックバーなら、
簡単ワンプッシュで外部に避難。

緊急時の避難がスムーズになります。

特長
1

「ワンアクション」でドアを開けられるので、素早く外部に避難が可能!

パニックバーは、タッチバーを押すだけの「ワンアクション」で簡単にドアを開けられます。また、体の不自由な方、車いすの方、お子様、ご高齢の方など、だれでも簡単にドアを開閉できる仕様です。

特長
2

外部からの侵入者を防ぐセキュリティ

緊急災害時は素早い避難が必要な一方、平常時には外部からの侵入を防ぐセキュリティも重要です。パニックバーは、建物内部からは自由に外へ退出し、外部からは入れない仕様にすることも可能。緊急避難と同時にセキュリティ対策も万全です。

特長
3

様々なタイプのドアに対応可能。

タッチバー、プルハンドル、片開き、両開き、防火戸、退出口用、避難口用など様々なタイプをご用意しているので、ほとんどの既存ドアに取り付けることが可能です。またオプションとして、電気錠、防災システムなど導入可能です。

特長
4

オプション機能を付加することで防災システムとの連動も可能。

パニックバーは、緊急避難をスムーズにするだけでなく、オプション機能を付けることで防災システムと連動することもできます。

普段は常時施錠、災害時は自動開錠にするなど、防災システムを通しての切り替えが可能です。

パニックバーなら、
簡単ワンプッシュで
外部に避難。

緊急時の避難が
スムーズになります。

特長
1

「ワンアクション」でドアを開けられるので、素早く外部に避難が可能!

パニックバーは、タッチバーを押すだけの「ワンアクション」で簡単にドアを開けられます。また、体の不自由な方、車いすの方、お子様、ご高齢の方など、だれでも簡単にドアを開閉できる仕様です。

特長
2

外部からの侵入者を防ぐセキュリティ

緊急災害時は素早い避難が必要な一方、平常時には外部からの侵入を防ぐセキュリティも重要です。パニックバーは、建物内部からは自由に外へ退出し、外部からは入れない仕様にすることも可能。緊急避難と同時にセキュリティ対策も万全です。

特長
3

様々なタイプのドアに対応可能。

タッチバー、プルハンドル、片開き、両開き、防火戸、退出口用、避難口用など様々なタイプをご用意しているので、ほとんどの既存ドアに取り付けることが可能です。またオプションとして、電気錠、防災システムなど導入可能です。

特長
4

オプション機能を付加することで防災システムとの連動も可能。

パニックバーは、緊急避難をスムーズにするだけでなく、オプション機能を付けることで防災システムと連動することもできます。

普段は常時施錠、災害時は自動開錠にするなど、防災システムを通しての切り替えが可能です。

納入事例

某オフィス階段室

某駅構内非常口

某事務所ドア

某ショッピングモール内非常口

某ショップ内避難扉

某空港内避難扉

問

実物を見て動作を確認したいのですが、可能でしょうか?

A 新横浜にショールームがございます。事前予約が必要ですので、お問い合わせよりご連絡ください。

問

実物を見て動作を確認したいのですが、可能でしょうか?

 A 新横浜にショールームがございます。事前予約が必要ですので、お問い合わせよりご連絡ください。

問

パニックバーの取り付けをお願いすることは可能でしょうか?

A はい可能です。パニックバーの設置までご検討の際は、一度ご相談ください。

問

既存のドアに取り付けることはできるのでしょうか?

A 既存ドアに取り付けます。ただし、テンパーガラスのドア、縦框のワイド寸法が100mm以下のドアは取付けが不可となります。

問

保証期間はどのくらいでしょうか?

A 出荷日から1年間の保証となります。

問

パニックバーの取り付けをお願いすることは可能でしょうか?

 A はい可能です。パニックバーの設置までご検討の際は、一度ご相談ください。

問

既存のドアに取り付けることはできるのでしょうか?

 A はい可能です。パニックバーの設置までご検討の際は、一度ご相談ください。

問

既存のドアに取り付けることはできるのでしょうか?

 A 既存ドアに取り付けます。ただし、テンパーガラスのドア、縦框のワイド寸法が100mm以下のドアは取付けが不可となります。

問

保証期間はどのくらいでしょうか?

 A 出荷日から1年間の保証となります。

お電話での問い合わせ

0120-00-4448
受付時間 / 平日 10:00~18:00

(運営 株式会社アイポケット)

お電話での問い合わせ

0120-00-4448
受付時間 / 平日 10:00~18:00

(運営 株式会社アイポケット)

お見積もり・お問い合わせ

無料現地調査など、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせの前に
プライバシーポリシーをお読みください。
問合せ種別
会社名
担当部署
お名前必須
フリガナ必須
郵便番号
都道府県必須
市区町村必須
町名・番地必須
電話番号必須 - -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容