水害が起きてからでは間に合わない!緊急事態に備える防災対策

自然による災害が毎年発生しておりますが、皆さん準備は万全でしょうか?水害対策に備えていますか??

大雨や台風による河川の氾濫によって堤防が崩壊し、住宅地に水が流れるとった被害が毎年日本各地で起きております。これは、私たちが生活している地域で起きるかもしれません。こういった危機感を真剣に考えている企業や工場は現在どのくらいあるのでしょうか?これは災害が起きてからではもう手遅れで間に合いません、貴重な資産(従業員、機械設備、製品など)がなくなることなので早急に対策が必要です。

水害による被害、特に浸水を防ぐには土のうを用意しておくことが重要ですが、これには保管場所と作る手間が非常に大変です。この手間が面倒で水害対策が進まないということはおそらくあるのではないでしょうか?そういった問題を解決するのが「ボックスウォール」という製品です。

このボックスウォールという製品は、大雨による浸水を防ぐことができ、設置も簡単で保管するにも場所をとらないため、市町村をはじめ、公共事業、大手企業様で多く採用を頂いております。ボックスウォールは、1枚の重量が約6kgしかないので女性や高齢者の方でも持ち運びのストレスがありません。そして、設置も簡単なので素早く浸水を防げます

これからは、災害による非常事態に備えることが必要であり、それが結果として自分たちを守ることにつながります。災害が起きてからでは間に合いませんので、今のうちに災害対策、水害対策を真剣に取り組むことです。

大雨による浸水から工場を守る止水板「ボックスウォール」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00