地震が起きても大丈夫?従業員が安全に早く避難できる方法

地震が起きた場合、従業員は素早く安全に避難できますか?

もし不安があるのであれば、早急の対応が必要です。

地震はいつ起こるか分かりません。そのため、万全な備えが必要です。

 

地震が起きた時、人はパニックを起こします。

工場のような集団で行動する場所は、1人がパニックになるとそれが連鎖し、集団ヒストリーになります

その結果、現場は大混乱。避難する時間が大幅に遅くなり、同時に人が集中することで危険が伴います。

一刻も早く避難するには、パニックになってもすぐ逃げられる環境にしなければなりません。

こういったケースを想定したのが逃げ遅れ防止「パニックバー」です。

 

パニックバーは、従業員の逃げ遅れを防ぎます。

サムターンを回してドアを開ける仕様から、タッチバーを押す”ワンアクション”で開ける仕様に変えます。

緊急時のパニック状態では、”サムターンを回して開ける簡単動作ができない”可能性が高くなりますが、パニックバーを導入することで、その不安が解決されます。

高齢者や障害者の従業員でもスムーズに避難できるようになっています。

 

従業員の命を守るために、緊急時を想定した対策は必要です。

安全に素早く避難できるように、避難経路を見直すことが重要になります。

非常ドアの混乱を避けるために、具体的な対策をこの機会に。

 

ご相談やお見積りなど、是非一度ご連絡ください。

従業員の逃げ遅れ防止する非常ドア対策「パニックバー」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00