土のうは準備がとにかく大変!何か代わりになるものはないの?

台風や大雨、雪解けと言った自然現象で起きる河川の氾濫に備えるためには、「土のう」を用意するのがベストです。特に工場や会社、倉庫が川や海に隣接しているのであれば、水害対策を準備しておかないと甚大な被害になりかねません。土嚢を用意しておけば、工場の出入り口で水の侵入を防ぐことができ、機械や製品が台無しにならずに済みます。こういった非常時に必要な土のうですが、とにかく準備するのが大変なのが悩みの種です。

土嚢を準備するには、予め袋に砂を入れておかなければならず、その作業がかなり面倒。そして、作った土嚢を運ぶのは重労働。成人男性であればまだ良いですが、従業員が女性や高齢者が多い職場環境であれば尚更大変です。これが土のうの最大な欠点です。この準備にかかる手間、土嚢の代わりになるものはないか?それが止水板「ボックスウォール」です。

 

止水板「ボックスウォール」の特長は、軽くて持ち運びが簡単な点です。一般的な土嚢1個の重さは約20〜30kgですが、ボックスウォールは1枚の重さが約6.2kgなので女性や高齢の方でも持ち運ぶのにストレスがありません。ボックスウォールは、写真のようにつなげて並べるだけで止水効果があるので、設置する時間も短縮できます。

水害対策として、止水効果がある土嚢ですが、色々と面倒な点がいくつかあります。止水板「ボックスウォール」であれば、土嚢のデメリットを解決するので是非一度ご検討ください。お見積無料で受け付けております。

土のうの代わりになる止水板「ボックスウォール」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00