工場の熱中症対策に!工場用移動式エアコンで熱中症を防ぐ!

台風10号の接近から一夜明けた8日、本州の日本海側を中心に、午前中から35度を超えた所もありました。9月ではありますが、日本気象協会発表のデータでは今後も厳しい残暑が続くといわれております。

9月の気温は、全国的に平年より高いでしょう。
各地で厳しい残暑が続く見込みです。
出典:熱中症ゼロへ みんなの力で熱中症をゼロにしよう

その中工場で働く労働環境は尋常でない暑さで大変な状態になります。
8月を乗り越えたからもう暑くないだろう・・等 油断しがちですが、
結論から申し上げますと、9月も熱中症には気を付けないといけません。

総務省のデータでは昨年の9月は下記の通りでした。

2019年9月の全国における熱中症による救急搬送人員は9,532人でした。
これは、昨年9月の救急搬送人員2,811人と比べると6,721人多くなっています。
出典:2019年9月の熱中症による救急搬送状況


熱中症
が9月でもいかにして危険か?わかるかと思います。
従業員の命を守るために、熱中症になってからでは遅いです。
工場長・総務担当者のみなさま!工場の熱中症対策を早めにしましょう。

じゃあ実際どうすればいいの?熱中症対策はどうすればいいのか?

工場の熱中症対策
として、多くの工場では冷房設備を導入しています。
ですが、実際にエアコンをつけようとすると何千万以上の膨大なコストがかかります。
サーキュレーターは空気を循環させるのに有効な手段ではありますが、空調がないとかなり厳しいです。

そういった工場の悩みを解決するのが、こちらの工場用の移動式エアコン ヒエスポです。

主な特徴は6つ下記の通り、
まず、デモ/レンタルができますので、実際に効果を実感することができたり、夏場だけご使用されたい工場様向けにレンタルもございます。
配管工事や設置工事がない為、導入の際に工場の稼働を停止しないといけないございません。
移動が簡単!だから試したい場所への移動が楽々!電気代も1時間(44円~81円)と省エネです。
※但し機種によります。電気代は目安になります。
冬場は工場の寒さ対策として!エアコンになりますので、ヒートポンプ暖房運転で暖かい空気も使えるので1年中稼働ができます。

ヒエスポ 特徴6個

工場の熱中症対策工場の空調や冷房にお困りの方(工場長・総務担当者)!是非一度弊社に「解決ファクトリー」にてお問い合わせお待ちしております。
工場用の移動式エアコン ヒエスポの詳細はページはこちらからご覧ください。

工場の作業場・仕事場を涼しくする熱中症対策製品「移動式工場用スポットエアコン ヒエスポ」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00