ポータブル電源は火災の危険性あり!安全な蓄電池を準備する

2021年1月25日(月)、横浜合同庁舎2階で起きた火災。

厚生労働省の麻薬取締部の分室が焼けたということもあり、まだ皆さんの記憶にもあるのではないでしょうか?幸いなことにケガ人が一人もでなかったことが救いですが、一部屋が全焼する大火事だったためショッキングなことではありました。

※ヤフーニュースから引用

https://news.yahoo.co.jp/articles/dae078c97ad2fcda7fa22c9923a4c2dff8dff07e

 

さて、ここからが本題です。

まだ調査段階ですがこの火災原因というのが、ポータブル電源から出火した可能性が高いといわれています。今回の事故に関する出火原因が仮にこのポータブル電源でなくとも、火の中に入ると爆発する危険性の高い電源装置は、市場に数多く出回っております。

充電の放置によるセルバランスの崩壊、若しくは、BMS(バッテリーのセルの状態を監視・制御するシステム)が電源装置に搭載されていないものなど、危険性や脆弱性を兼ね備えたものが数えきれないほど、形を変え続けて出回っています。今回の事故で改めて危険性がクローズアップされたのではないでしょうか?

 

 

 

 

非常用蓄電装置「E.P.S mobile cube」は、質の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しBMSによるバッテリーの暴走抑止や、他の保護機能による幾重ものプロテクトシステムを搭載しております。したがって、このような事故に発展する危険性がありません。火の中に入れても発煙・発火・炎上しない製品です。

世の中には危険な蓄電池、電源装置が存在しています。この危険性について認識している方は残念ながらまだまだ少なく、安価なものが多く採用されています。しかし、これが結果として大惨事の原因になるかもしれないということを是非知って頂きたいと思います。

防災対策、BCP対策でこれから検討しようと考えておりましたら、無料見積やデモ機の体験など行っていますので是非一度ご連絡ください。

発火・炎上しない安心な非常用ポータブル蓄電池「イーピーエスモバイルキューブ」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00