バッテリーの爆発や発火の心配なし!安全性を最優先した移動式蓄電池

危機管理対策、BCP対策、防災対策といったことを企業(工場)は真剣に考えなければならない時代になりました。自然災害は日本全国のどこかで毎年起きており、いつどのタイミングで発生するかわからない状況です。”自然災害は必ず起きる”という意識、危機管理体制を企業(工場)がしっかり備えておけば、甚大な被害を防ぐことにつながります。起きてからではもう遅いので、一日でも早く対策を考える必要があります。

企業(工場)が自然災害が起きた時の対策として、「蓄電池を備える」ケースがあります。蓄電池を備えおけば、電気が止まった時に非常用電源となるため、携帯電話(スマートフォン)の充電やパソコンの充電、照明の灯り、サーバーの電源確保といった様々なシーンに役立ちます。特に持ち運びができる移動型蓄電池であれば、避難場所に持っていくことができるので、充電が切れて家族と連絡がとれないといった多くの人たちを助けることができます。

蓄電池の存在によって、多くの人の不安や心配な部分を解消することができますが、選ぶ際に注意すべき点がいくつかあります。その1つが「安心・安全」です。蓄電池に内臓されているバッテリーですが、それが爆発・発火といった現象を起こす可能性があるものが存在します。そういった蓄電池を使った場合、さらに被害が膨らむ可能性があるため、安全性には気を付けなければいけません。安心・安全な蓄電池でおすすめなのが「E.P.SmobileCUBE」です。

 

E.P.SmobileCUBEは、リチウムイオン電池のバッテリーを内臓しており、その中でもエネルギー密度がもっとも低いリン酸鉄系を採用しているため爆発・発火といった心配はありません。万が一、E.P.SmobileCUBEが建物の下敷きになったりして潰れてしまったとしても、爆発や発火といった心配がありません。災害時でも「安心」「安全」を確保する蓄電池です。その他の特長として、重量が11kgのため持ち運びが可能、ソーラーパネル搭載で電源がなくても充電が可能、フル充電で携帯電話(スマートフォン)を50台以上充電可能といった強みがあります。

蓄電池をどれにしようか検討する際に、「安心・安全」という観点も是非一度考慮してください。

安心・安全な移動型蓄電池「E.P.SmobileCUBE」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です