フォークリフトの人身事故を防ぐ!工場や倉庫のヒヤリハットに最適な方法は?

フォークリフトで作業をしている時、または、自分が作業しているスペースにフォークリフトが近づいた時、冷や汗が出るくらいヒヤッとした危ない経験、”ヒヤリハット”をしたことはありませんか?少しでも遅かったら取り返しのつかない大きな事故になっていたかもしれないというヒヤヒヤ体験、これは、大小限らずどの工場や倉庫で実際によくあることです。この”ヒヤリハット”を何とかしたいというのが現場責任者や担当者の想いです。もしも、このヒヤリハット対策を先延ばしにして何もせず人身事故が起きたとしたら、それこそ企業にとって命取りになるかもしれませんので早急に取り組まなければいけませんが、よい方法が分かりません。どうしたら良いのでしょうか?

ヒヤリハンター

このような悩みを解決する方法として、もっとも効果が高く最適なのがフォークリフトの人身事故を防ぐ接近感知システム「ヒヤリハンター」を導入することです。このヒヤリハンターは、ICタグ(アクティブタグ)を装着した作業員と磁界を発生する装置と電波を拾う機械を装備したフォークリフトがある距離に接近した時に警報を鳴らす仕組みとなっております。目視で確認できない死角や物陰から作業員が急に出てくるようなケースでも、ICタグが電波を感知しそれをフォークリフトの運転手に知らせるようになっているため、出会い頭の事故のようなケースでも危険から回避することができます。

フォークリフトと作業員の事故をゼロにするには、細心の注意が必要がです。事故が起きてからでは遅いので是非ヒヤリハット対策を早急に進めて下さい、待った無しです!

フォークリフトの人身事故をなくす接触防止検知システム「ヒヤリハンター」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。