フォークリフトと人の出会い頭事故が怖い!死角のヒヤリハットを防ぐには?

工場や倉庫でフォークリフトを運転し作業をしていると、背筋が凍るようなヒヤッとすること(ヒヤリハット)がしばしあります。その代表的なケースというのが作業員との出会い頭事故。細心の注意を払ってフォークリフトを安全に運転していたとしても、目に見えない死角や物陰から作業員がいきなり出てくることがあります。今まで事故がたまたまなかったとしても、ニアミスになったケースは恐らく結構あると考えられます。ある調べによると、1件の重大な事故が発生するまでには300件のヒヤリハットが存在している(※ハインリッヒの法則)と云われております。だからこそ、今のうちに出会い頭の事故をゼロにするには何らかの対策を考えなければいけません。

ヒヤリハンター

フォークリフトと従業員の出会い頭事故をなくすのにオススメなのが接近検知システム「ヒヤリハンター」です。ヒヤリハットをハント(狩る)するという分かりやすいネーミングの事故防止装置「ヒヤリハンター」は、ICタグを持った作業員がセンサーを設置したフォークリフトにある距離まで近づいた時にブザーを鳴らして危険を伝える仕組みになっております。その逆もあり、フォークリフトの運転手が、手作業で動いている従業員がある距離まで近づいた時に危険を知らせるようにもなっております。

ヒヤリハンターがない場合、フォークリフトの運転手はすべて目視でしか危険を察知することできませんが、接近検知システム「ヒヤリハンター」を装着すれば、目視での確認が不可能だった真横や真後ろ、物陰や死角といった場合でも危険を察知して知らせることができます。これは、電波を活用した方法で、ヒヤリハンターから発生する磁界の信号をICタグが反応する仕組みです。これで死角や物陰からいきなり出てくるヒヤリハットを防ぐことが可能となります。

出会い頭事故のヒヤリハットをなくす接近検知システム「ヒヤリハンター」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。