バッテリーの爆発や発火の心配なし!安全性を最優先した移動式蓄電池

工場がBCP対策、防災対策を考える時、まず考えなければいけないのが「従業員の安全」。人材(人財)を守らなければ、工場が早く復旧したとしても現場の生産管理、機械のオペレーション、作業員のマンパワーといったものが機能しない可能性があります。そうならないために、まずは命を守ることが最優先と考えるべきではないでしょうか?

そういったことを前提として、BCP対策や防災対策で用意する代表的なものが蓄電池。従業員の命と蓄電池がどのように絡んでいるかというと、被災した時にまずほしいものが「情報」と「灯り」と言われています。情報、とくに家族の安否確認を取るためには、携帯電話(スマートフォン)が必要であり、現在の状況がどうなのか?を知るにはラジオやネットから確認する必要があります。「灯り」は、夜による真っ暗な危険な状態から自分を守る大事なものです。「情報」と「灯り」を常に供給するためには、電気が必要であり、それを補うのが蓄電池ということです。

蓄電池の重要性について理解されたと思いますが、いくつか注意が必要です。その中の一つが、蓄電池の安全性があります。価格や性能、スペックといった基準で選ぶことが第一ですが、安全性という部分まで考えるケースはまだまだ少ないと思います。特に怖いのは、蓄電池のバッテリーが発火したり爆発したりすることです。可能性として少ないかもしれませんが、もしも蓄電池が爆発や発火したとしたら一大事です。そうならない蓄電池というのが、「E.P.S mobile CUBE」です。

 

「E.P.S mobile CUBE」は、災害用に特化した移動式蓄電池であり、安全性ににも優れています。バッテリーは、エネルギー密度が低く、安心で安全な”リン酸鉄系リチウムイオンバッテリ”を採用しております。発火する心配がなく、爆発する心配がありませんので、被災時でも安心安全な蓄電池としての機能をしっかり果たします。

バッテリーの爆発や発火の心配なし蓄電池「E.P.S mobile CUBE」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00