車椅子従業員の出入りが大変だから何とかしたい!おすすめな方法は?

工場で働く人の中には、車椅子の従業員がいます。障害者雇用促進法という法律があるように、障害者を雇用することは、企業としての社会的な責任、特に大企業にとっては必要不可欠な事項であり、さらには国際的な目標であるSDGsにもつながってきます。こういった社会的な背景から障害者が働きやすい環境を企業が整える必要性が求められます。

実際に働く工場では、障害者の従業員にとってまだまだ改善しなければならない問題点は数多くありますが、その中の一つにドアの出入りがあります。健常者にとっては何ら問題ない引き戸ですが、障害者、特に車椅子の従業員にとっては非常に大変な動作であり、ストレスとなるケースが多く存在しています。工場に設置されているドアは頑丈で重く、開けて移動するにも一苦労、それが結果として作業効率のマイナスになることが考えられます。

こういったケースを改善する方法として、既存の手動ドアを自動ドアに変えることで解決されますが、その場合、既存のドアを撤去し、電気工事が伴ってくるため工期と費用がどうしても掛かってしまいます。工期を短く且つ費用を抑える方法としておすすめなのが、既存の引き戸を自動に変えるキット「ベンリードアロボ」という製品です。

この製品は、既存の引き戸を自動ドアに変えられるので、ドア交換、撤去、電気工事(※必要な場合もあり)がいらないので工期が短く、コストを約1/3に抑えることができ、導入するハードルを下げることが可能となります。障害者の労働環境改善、車椅子労働者の負担減に役立ちます。

既存の引戸を自動ドアに変えるキット「ベンリードアロボ」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です