ソーラーパネルで充電可能!電源がなくても充電できる安心な蓄電池

工場や企業でBCP対策が求められている中、その中でも特に需要があるのが蓄電池。地震や台風、大雨といった自然災害が発生した場合、インフラが停止し電気が使えなくなることが想定されます。電気が使えなければ、携帯電話(スマートフォン)の充電や灯りの確保ができなくなるため、精神的に不安な状態に陥ることになります。そういった状況を想定してBCP対策を考える上で必要となるのが蓄電池です。

蓄電池の必要性は理解されたと思いますが、これだけではまだ足りません。蓄電池といってもたくさんの種類があり、どのタイプを選ぶかによって大きく変わってきます。その中で大事なポイントとなるのが蓄電池が電気がない環境下でも機能するのか?という点です。意外とこの点を注意しないで決めてしまうことがしばしばあります。要は、電気がなくても充電できるか?と言うことです。

そこで必要となる機能、ソーラーパネル(太陽光)で充電ができるという点をまず一番に考えるべきでしょう。ソーラーパネル(太陽光)が常備された蓄電池であれば、電気が止まった環境下でも太陽されあればいつでも充電することが可能であり、ライフラインが復旧するまでの電源確保は何とかなります。そして何より電源があることで不安な気持ちは軽減され、多くの手助けになるのは言うまでもありません。

これからBCP対策や災害対策を検討する、蓄電池を具体的に検討しているといった場合は、ソーラーパネルで充電ができる蓄電池かどうかを選ぶ判断基準に追加して下さい。

ソーラーパネルで充電ができる災害に特化した蓄電池はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。