太陽の直射日光で作業場が暑い!工場の労働環境を改善する熱中症対策

5月に入り、気温が高い日が次第に増えてきました。こうなってくると、真夏の暑さ対策、そうです熱中症対策をそろそろ考えていかなければいけません。もう準備はされていますか?

特に大変なのが、太陽からの直射日光による暑さが強烈で冷房が全く効かないというケース。真夏の直射日光によって室内の温度が高くなり、作業場の中はとにかく暑くて大変、というケースが圧倒的に多いんですが、なかなか対策が打てないという悩みをよく耳にします。冷房設備が完備された最新の工場であれば問題ないかもしれませんが、社屋が古かったり、設備が不足している場合だとそうもいきません。こういった熱中症対策を解決する方法は?

耐久力にも優れている

太陽の直射日光による暑さ対策を解決するには、金属・折板屋根専用遮熱パネル「ぴたっとエコパネル」が最適です。この製品を簡単に説明すると、工場の屋根にぴたっとエコパネルを設置することで太陽の直射日光を反射させ熱を逃すという仕組みになっています。また、この遮熱パネルを設置することで屋根に日陰ができるため、遮熱と日陰によるダブルパンチで暑さ防止効果を発揮させます。メーカーの効果検証によると、屋根に何もしない状態とぴたっとエコパネルを設置した状態での表面温度は、−26度の差がありました。やるかやらないかでこれだけの温度差があります。

遮熱効果実験

真夏までもう時間がありません、今のうちに熱中症対策を是非行ってください。

太陽の直射日光による暑さを軽減させる金属・折板屋根専用遮熱パネル「ぴたっとエコパネルはこちら」

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。