物流コストを何とかしたい!経費削減がうまくいく方法は?

コロナウイルスによる業績悪化によって経費削減をしなければならない会社や工場が増えています。その中でも物流メインの会社や工場は、特に物流コスト、輸送コストを何とか抑えたいと考えていますが、具体的な良いアイデアが浮かばないと悩まれています。そういった場合には、輸送コストと保管コストを削減できる物流ボックス「ダンカーゴ」が最適です。

ダンカーゴの特長は、二段積みができるため輸送コストを大幅に削減できることです。荷物を運ぶ場合、ほとんどが段ボールに梱包された状態のため、二段重ねをしてしまうと輸送中に傷がついてしまう恐れがあります。そのため、荷物によっては二段積みができず、輸送コスト(ガソリン代・時間)が掛かってしまいます。それを解決するのがダンカーゴであり、そのコストを抑えることができれば、大きな経費削減につながります。

 

工場から配送センターまでの距離が500kmの場合

○従来の二段積みが不可:

→ランニングコスト12万円/台(10t)× 20台/月 = 月間240万円

 

○ダンカーゴによる二段積み輸送:

→ランニングコスト12万円/台(10t)× 10台/月 = 月間120万円 50%削減!

 

いかがでしょうか?最初に導入する初期費用は掛かりますが、ランニングコストを考えれば大幅な経費削減につながりますので、是非ご検討してみてください。

物流コスト、輸送コストを削減できる物流専門ボックス「ダンカーゴ」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00