工場のエレベーターが古くて安全面が心配!どうすればよいの?

長年工場を運営していると、機械の経年劣化があり修理や交換が必要になる場面に遭遇します。その中の1つに荷物用運搬エレベーターがありますが、現在の状態で問題ありませんか?エレベーターで特に注意しなければならないのが「安全性」です。

平成21年9月28日からエレベーターの安全強化に係わる新しい法律が施行され、また、耐震についても見直しとなりました。これによると、平成26年4月1日以前に設置されたエレベーターについても、「既存不適格」に該当されます。この状態のエレベーターを使用している時に、もしも何か事故があったとしたら取り返しのつかないことになりかねません。恐らく、このことを知っている工場経営者や管理者はほとんどいないでしょう。

ではどうすれば良いでしょうか?最も最適な方法は、エレベーターをリニューアルすることです。エレベーターを取り替えすれば安全面の問題は解消され、安心して作業を行うことができます。さらに、新しいエレベーターにリニューアルすることは、今までなかった機能を追加することができるため、より使いやすいものに生まれ変わるメリットがあります。

工場のリニューアルエレベーターについての詳細はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00