特集:いよいよ梅雨入り!工場の豪雨・台風・浸水・水害対策

梅雨本番!備えて安心「水害対策」特集のバナー

 

いよいよ全国的に梅雨入りするこの季節、例年日本各地で豪雨や大型台風などによる浸水や川の氾濫など様々な「水害」が猛威を振るっています。
工場における浸水では、建屋へのダメージはもちろん製造にかかわる機械が故障してしまい、最悪の場合再稼働することできずに廃業となってしまうことがあります。

そこで今回は、工場・倉庫・事業所での水害対策に役立つ商品・サービスをご紹介します。

早めに備えて安心!
工場の豪雨・台風・浸水・水害対策 特集

 

①ハザードマップでリスクを確認

まず確認しておきたいのが、工場・倉庫・事業所がある場所のハザードマップです。
ハザードマップとは国土交通省が発表している、災害の種類・規模を予測し安全な避難経路や避難場所を書いた地図のことです。水害に限らず地震などにも対応しており、災害の種類別にその土地のリスクをリサーチできますので、リスクに対応した対策を取るようにしましょう。

 

②浸水対策

浸水対策の定番と言えば土嚢(土のう)ですが、重たい土嚢(土のう)を積むには準備に時間が掛かるうえに、隙間なく積むには高い技術が必要となります。さらに、間口が広い工場や倉庫では、大量の土嚢を備蓄保管しておく必要があり保管コストが非常にかかります。

 

そこでおすすめしたいのが、

ゲリラ豪雨や台風による浸水を防ぐ!次世代型緊急洪水防護システム「Boxwall(ボックスウォール)」

です。

ゲリラ豪雨や台風による浸水を防ぐ!! 次世代型緊急洪水防護システム 「Boxwall(ボックスウォール)」の商品画像

■特長

①短時間で広範囲に設置可能
1ユニット(1枚)あたり6.2kg(5.5kg/m)と軽量で、2名で120mと広範囲への展開可能です。
出入口が広い工場・倉庫でも、人手や時間をかけることなく浸水被害を防ぎます。

②繰り返し使えて経済的

頑丈な樹脂製なので劣化が少なく、繰り返し使えるから経済的です。

詳しくは、「Boxwall(ボックスウォール)」商品詳細ページをご覧ください >

 

 

③停電対策

豪雨・台風が発生した際には、送電線が切れたり発電所や変電所の設備が故障したりして、停電が発生しやすくなります。一度停電が起こると、復旧までにかなりの時間を要する場合があります。従業員を守り、事業を早期復旧させるためには非常用電源の確保は欠かせません。

そこでおすすめしたいのが、

持ち運び可能な非常用電源装置「EPS mobile CUBE」

です。

 

■特長

①長寿命&ハイパワー
毎日使っても約10年使える耐久力。スマートフォンを50台以上充電、ノートPC5台を3時間以上使用可能です。またコンセントが2口ついているので、調理器具にも使用可能です。

②太陽光パネルで充電可能

太陽光パネルや自動車のシガーソケットから充電可能。充電中でも使用できるため、待つ必要がありません。

詳しくは、非常用電源装置「EPS mobile CUBE」商品詳細ページをご覧ください >

 

大型タイプなら、

必要な場所に牽引・移動できるオーダーメイド電源車「牽引式電源車・移動式電源車」

■特長

①小規模から大規模まで幅広い電源供給に対応
50kVA〜5000kVAと非常に幅広く、大規模な電源供給にも対応できるので復旧に時間が掛かる場合でも、早期に事業再開に貢献します。

②どこにでも移動できる優れたモビリティ

定置型の大型非常用電源の場合、建屋とともに水没してしまいいざという時に使えないことがありますが、牽引式電源車・移動式電源車であれば必要な場所に迅速かつ簡単に移動して、電源を供給できます。

詳しくは、「牽引式電源車・移動式電源車」商品詳細ページをご覧ください >

 

 

今回ご紹介した以外にも、解決ファクトリーでは工場・倉庫・事業所向けの各種災害・BCP対策商品・サービスを多数ご用意しております。
その他の災害対策商品・サービスはこちらをご覧ください▼

梅雨本番!備えて安心「水害対策」特集のバナー

 

解決ファクトリー(運営:株式会社アイポケット)へのお問い合わせは、コンタクトフォームまたはTELにて承っております。
お気軽にお問い合わせください。

0120-00-4448

(受付時間:平日10:0018:00)