土のうは重くて持ち運びが大変!女性でも運べる水害対策品は?

海や河川に近いところに工場や物流倉庫がある場合、注意しなければならないのが水害対策。大雨や台風といった自然災害が発生した場合、水位が上がり氾濫し浸水することが想定されます。こういった事態に備えていなければ、大切な資源(製品や機械など)が台無しになる恐れがあるため、水害対策を真剣に考えなければなりません。

浸水対策として一般的なのは、土のうを使うこと。土のうを用意しておけば、工場の敷地に水が入るのを防ぐことができるので水害対策として必需品ではありますが、いくつか欠点があります。その一つが「重さ」。土のうは砂を入れて運ぶので重さが軽いもので15kg、大きいものになると30kgにもなります。男性であれば、重くてもなんとか運ぶことができますが、女性では難しくなります。特に女性が多い職場環境であれば、たとえ土のうがあったとしても運ぶのが難しく、結果として間に合わないとなったら全く意味がありません。そういったことに対応できるのが止水板「ボックスウォール」です。

 

止水板「ボックスウォール」は、水の侵入を防ぐことができる水害対策製品です。1枚1枚を連結して使うことができるボックスウォールは、重さが約6kgしかありません。小さい土のう(15kg)に比べても重量は約1/3なので、女性でも安心して運ぶことができます。土のうがあるのに運ぶことができず結果として使えない、という心配はありません。

女性が多い、年配者が多い工場や物流倉庫で水害対策を考えているのであれば、止水板「ボックスウォール」が最適です。お見積無料ですので是非一度ご相談下さい

女性でも運べる水害対策製品「ボックスウォール」の詳細はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00