フォークリフトの安全対策と作業効率が解決する画期的な方法とは

フォークリフトを使う工場や倉庫を運営する上で、避けては通れないのが「安全対策」と「作業効率」。この二つのキーワードは常に並列に考えなければいけません。どちらかに偏りすぎても問題が起きてしまいます。

作業効率を優先し過ぎると、「スピード」が求めらるため、どうしても焦りや不注意が必然的に増えることになります。その結果、最悪の場合、事故を起こすといったことにつながります。安全性を優先し過ぎると、どうしても作業スピードが遅くなるため、出荷や納品が遅れる恐れがあります。その結果、最悪の場合、取引先やお客様からの信用がなくなります。大げさではありますが、どちらも最悪のケースとして考えられます。

では、「安全性」と「作業効率」を両輪で考えなければならないのですが、どうすれば良いでしょうか?そういった問題を解決するのがフォークリストの危険を検知するシステム「ヒヤリハンター」です。

ヒヤリハンター

ヒヤリハンターを採用すれば「安全性」「作業効率」の二つが解決できます。どのように解決するか?というと、ヒヤリハンターを設置したフォークリフトがICタグを持った作業員に近づくと、警報を鳴らして危険を知らせる仕組みになっております。ヒヤリハンターは、電波と磁界を活用したシステムで、フォークリフトの運転手が目視ができない死角や物陰にいる作業員を見つけることができます。このことで、安全性はより高くなり、且つ作業スピードを遅くしないで業務を行うことができます。

フォークリフトの安全対策と作業効率が解決するシステム「ヒヤリハンター」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00