ちょっとした不注意が命取りに!フォークリフトの事故防止対策

工場や物流倉庫では常にフォークリフトが稼働していますが、ちょっとした不注意によって大惨事になる危険が潜んでいます。安全第一にフォークリフトの運転をしていたとしても、事故はどうしても起きてしまうのが難しいところです。この悩みをお持ちの工場長や担当者は多いのではないでしょうか?

事故を起こさないために何かしらの対策をしなければなりません。フォークリフトの衝突事故が発生しないためにどうしたら良いか?まずは、従業員の安全意識を徹底することです。何事にもおいてもこれが基本的なベースであり、この意識を定着させることが大事です。これが徹底された職場環境であれば、事故が起きるリスクが軽減されます。

安全意識が高い職場は、事故になるリスクは確かに減りますが、ゼロになるという保証はありません。こういった場合を想定し万全にするのであれば、フォークリフトの衝突事故を未然に防ぐ機器を準備することが最適ですその代表的なものが「ヒヤリハンター」という機器です。

この機器は、電波を活用した装置で、フォークリフトの運転手が目視できない死角に人がいた時に事前に知らせることができます。出会い頭や死角からの飛び出し、運転手の不注意といった場合に、警報で知らせてくれるので衝突事故を防ぐことができます。

ちょっとした不注意が命取りになるかもしれません。最近危うくフォークリフトの事故になりかけた、過去に事故が起きてしまった、もっと安全な職場環境にしたいといったことであれば是非一度ご相談下さい。現地調査やデモ機の取り付けなど行っております

フォークリフトの衝突事故防止対策を万全にしましょう。

フォークリフト衝突事故を防ぐ対策製品「ヒヤリハンター」はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00