今後必要なウイルス防止対策!引戸の接触感染リスクをなくす良い方法は?

新型コロナウイルスよって世の中が大きく変化しています。この状況、誰が予想していたでしょうか?コロナウイルスの影響で社会の流れや仕組みが大きく変わるのは間違いなく、企業や工場はこれに適応していなければならないでしょう。今まで、考えてもいなかったウイルス防止対策が今後必要となるのではないでしょうか?

工場におけるウイルス防止対策は、用途や場所によっていくつかありますが、その中に引き戸ドアを開ける時の接触感染のリスクがあります。国際基準の衛星管理手法”HACCP”を導入している食品工場では、この接触感染によるウイルス感染防止対策をすでに対処していますが、必ずしも全てではありません。コロナウイルスの影響で、まだHACCPを導入していない食品工場は早急に対策をしなければならず、それ以外の製造工場でも真剣に考えなければなりません。部屋を出入りする時に、必ずレバーハンドルを握るため、そこで感染する恐れがあります。引き戸ドアの接触感染リスクをなくす最善の方法とは?

手動の引戸による接触感染を防止するには、手動ドアを自動化すれば解決します。センサーで反応する自動ドアにすればレバーハンドルを握ることがなくなり、接触によるウイルス感染リスクをなくすことが可能となります。全ての手動引戸を自動ドアにすることがもっとも良い方法です。あとは、どのようにして自動化するか?費用を抑えて自動化するやり方として、現在使っている手動の引戸を自動ドアにする便利キットがあります。この装置を使えば費用を抑えられて自動ドアに生まれ変わります。

まだイメージができないかもしれませんが、ウイルス防止対策は工場をはじめ多くの場所で必要になります。コロナウイルスの教訓を生かして前向きに取り組んでいきましょう。

手動の引戸を自動ドアに変える後付け装置はこちら

 

株式会社アイポケット

TELでのお問い合わせはこちらから

0120-00-4448

受付時間:平日10:0018:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。